投稿日:

住宅ローン審査を考えるならろうきんの保証料負担がお得

近い将来増税が始まることを予想して、その前に人生最大の買い物と言われる住宅の購入をお考えの方も多かろうと思いますが、その際、必ず受けなければならないのが住宅ローン審査です。

では、住宅ローン審査基準とはどのようなものなのでしょうか。住宅ローンは他のローンとは異なり、長期にわたることが多いため、審査項目も多岐にわたり、借主に対して総合的な判断が下されます。一見、問題がないようでも住宅ローン審査基準に合致しない場合も多々あります。最も大きな問題は借主の属性、つまり担保の問題です。担保には人的担保と物的担保がありますが、どんなに収入があろうとも担保となる不動産に何らかの問題があれば、住宅ローン審査基準を満たさないということもあるのです。また、その逆も同じです。

しかし、ろうきん(労働金庫の愛称)の住宅ローン審査は、都市銀行、地方銀行に比べ比較的に好意的だといえます。(⇒ろうきんはこちら

それは、労働金庫が組合員の福利厚生のために設立された金融機関だからです。しかし、組合員でなくとも利用資格を取得すれば住宅ローンが組めます。というのは、この機関が住宅ローンに積極的に取り組んでいるからです。各ろうきんで金利が異なりますが、一般に銀行よりも金利水準が低く、4種ある金利の種類の中でも最も魅力的なのが固定金利選択型です。

各ろうきんの金利を比較すると、静岡、長野、近畿、中国は会員資格があれば、保証料を借主が負担することはなく、東海の場合は、会員か否かは関係なく保証料を負担することはありませんから、その分金利が低く抑えられます。以上のことから夢のマイホームを実現するなら労働金庫の存在は強い味方ではないでしょうか。

 

誰も語らないおまとめローンの選び方

銀行カードローンは、消費者金融カードローンよりも、一般的に審査が厳しめになっていると言われています。普通のカードローン審査を受ける場合でもそうなのですから、さらに厳しい審査が予想されるおまとめローンを利用する場合であれば、銀行カードローンを利用することなど、まず不可能だと考えてしまう人が多いです。

でも、誰も語らないおまとめローンの選び方をあえてあげるとするならば、銀行カードローンを選ぶようにするのが最善の方法です。

私は、ついこの間、銀行カードローンでおまとめローンを組みました。知人から、複数の借金を一本化する場合は、貸金業法上の総量規制の適用を受ける心配のない銀行カードローンが絶対に有利だと教えられたからです。万が一審査に落ちてしまうようなことがあれば、次の申し込みまで半年位待たなくてはならなくなりますので、正直言ってかなりドキドキで申し込んだのですが、幸い無事に審査に通過することができました。実際に借り換えてみて、金利の安さに大満足しています。

こんなに便利な方法を、なぜ誰も語らないのかと不思議に思ってしまうくらいなのですうが、友達から相談されるようなことがあったら、迷うことなく銀行カードローンを勧めようと思っています。

 

 

様々な住宅ローンを比較して

一戸建てを購入する時に、銀行から信用組合から公庫からそれはもう様々な住宅ローンを比較しました。今はネットで幅広くある程度の情報は得られるので、比較検討する際にとても便利ですね。借りれる金額、期間といった基本的なことから、住宅ローンを組めばその銀行から様々なサービスが受けられるといったところまではネットからの情報で収集ができました。

そこからは実際の店舗に行って担当者に聞いたり、店舗を持たない銀行には電話でいろいろな問い合わせをしました。あくまで私見ですが、住宅ローンのような金額が大きく付き合いも長期に渡る借り入れの場合、担当者の人柄もなかなか考慮に入るのではないかと思います。銀行の中には、住宅ローンの相談に行ったのに別の商品の売り込みの方を熱心にされる方もいました。

私の場合は、ネット銀行は確かに金利などは大変低く抑えられている場合が多いのですが、やはり顔を見ていろいろな説明を聞きたかったものですから、近隣の銀行をかなりの数訪問しました。その中で説明がわかりやすく、金利もかなり低く、かつ人柄がよさそうな担当者の方という銀行に巡りあえましたので、そちらの銀行のを利用することに決めました。自分の納得いくまで探しましたので、不満なく順調にローンを支払っています。

 

 

借り換えシュミレーションする時は諸経費が異なります

住宅ローンを返済している人は、ほとんどが30年とか35年の長期にわたって返済していきます。65歳まで働けるとして計算すると、遅くても35歳までには家を買ってローンを組む必要がありますよね。それ以上の年齢になると、定年などで退職した後もローンを支払い続けねばならないんです。サラリーマンの中には退職金で残金を支払う予定の人もかなりいると思いますが、今はかつてのような終身雇用制の企業はあまりありません。50歳になって肩叩きに合う可能性だってあるんです。そんな時代に生きてるのに、退職金をあてになんてできませんよ。これから住宅ローンを組む場合は、60歳までに支払い終える覚悟が必要です。

もし今、退職金をあてにローンを組んでいたら、借り換えがおすすめです。今のような超低金利の時代は、少しでも金利の低いところへ借り換えた方が返済総額を減らすことができるんです。支払う期間を短縮することも可能なんです。その場合、借り換え候補の金融会社をいくつか選んで、シュミレーションする必要があります。シュミレーションする時に誰も語らない注意点があります。それは手数料は保険料などの経費を含めてシュミレーションするってことです。この点は誰も語らないのですが、金融会社によって諸経費がかなり違うので、それを含めて計算する必要があるんです。